1. HOME
  2. エッチな体験
  3. 間違えて呼んだデリヘル嬢

間違えて呼んだデリヘル嬢

会社の部下にそっくりな写真

僕が以前体験したデリヘルでの話。
僕は関東地方でも田舎の方で働いているサラリーマンです。
デリヘルを呼ぶのが好きで、いつものようにホームページで
デリヘルを検索していると、どこかで見たような顔が…
会社に勤めている部下に似ている顔でした。
プロフィールの写真では目より上は隠されていたので
鼻から顎のラインでしか判断できないけど、非常に似ている。
会社では大人しく仕事をしているイメージしかなかったけど
まさかデリヘルでバイトを…?
本当に部下だったらどうしようか悩みましたが
一度気になってしまったら呼ばずにはいられません。
お店に電話してその女性を指名しました。
そして指定したホテルに到着し部屋でドキドキしながら待っていると
ドアのチャイムが。心臓がバクバクなる音を聞きながら
ドアを開けると、目の前にいた女性は…
全くの別人でした。実際に見てみるとなぜこの子と
会社の女性を間違えてしまったのか不思議なくらい別人でした。
でも内心では違ってよかったと一安心。
来てくれた女の子はデリヘル店ではロリ系で紹介されていました。
実際に見てみるとその通りで小柄な身体に童顔。
毛も薄い感じで貧乳で華奢体系。
一緒にシャワーを浴びて身体を洗ってもらい混浴する事に。

今ではお気に入りのデリヘル嬢に

風呂から上がってベッドに移動してプレイを開始しました。
まずはディープキス。舌を絡めてきます。
彼女は手で僕の一物を撫で回して、僕は彼女の腰や胸を攻めます。
そして乳首を舌で転がすと可愛らしい声で鳴きだします。
そのまま下半身に手を伸ばすとトロリと濡れていました。
彼女に愛液を見せると恥ずかしそうにしていましたが
そのまま手マン攻め。膣内はかなり狭い様子。
指が二本入らないくらいでした。
彼女の耳元でおちんちん入れてもいい?と
本番交渉すると最初はだめだよぉと断っていましたが
しつこく交渉する内に、ゴムつけるならOKと許可を貰いました。
早速ゴムを装着して実行。
指二本も入らない膣内でしたが僕の一物は何とか包み込んでくれました。
腰のピストンに合わせて息を漏らす彼女がとっても可愛らしくて
ずっとディープキスをしていました。
そして射精感が高まりゴムの中に発射。
暫く休憩してフェラやシックスナインも堪能しました。
会社の女の子と間違えて呼んだけど
結果的には大満足なデリヘル遊びになりました。
それ以来彼女は僕のお気に入りになっていて
今ではお互い暗黙の了解として生挿入もできる関係になっています。
さすがに中出しは無理ですけど、彼女に出会えてとても良かったです。

サイト情報

当サイトではアダルト情報を含んだ記事を配信していますので未成年の方は自己責任でお願いします。当サイトの情報により万が一何らかのトラブルや損害が生じた場合でも当サイトではその責任を一切責任を取らないこととします。あらかじめご了承ください。

Copyright © 性の知識が身につく大人向けサイト スターラジオ All Rights Reserved.